[PR] ポーチュガル マンガ畑 小手川ゆあ作品
FC2ブログ

マンガ畑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARCANA(アルカナ)

小手川ゆあ先生の名作「ARCANA(アルカナ)」です。

昔、ヤングジャンプで連載されており、コミックスは上下で2巻発売されております。

主人公のマキがとにかくかわいい!

所々での笑顔に一体どれだけの男性読者がやられてしまったことでしょう。



このマキちゃん、ちょっと変わっていて、幽霊が見えちゃったり、会話ができちゃったり、はたまた瞬間移動なんてものもできちゃいます。

その理由は後半で明らかになりますが、ちょっと間抜けな刑事「村上謙省」とマキが織り成す、ドタバタかつシリアスなストーリーは、おとり捜査にも似て、いつの間にか引き込まれていってしまいます。

小手川先生の作品は、画が本当にお上手です。河下先生とはまた違ったうまさです。
綺麗で見やすいんですよね。私的には。

死刑囚042では、ラストで何かが抜かれてしまったような感覚に襲われ、しばらく呆然としてしまいましたが、このアルカナでは「あぁ~こんなラストか・・・じゃあこれから二人は・・・!?」といった感じですかね?

表紙だけ見ても、マキちゃんのかわいさが漏れてきてるのがわかるかと思います。






アルカナ (file上) (ヤングジャンプ・コミックス)アルカナ (file上) (ヤングジャンプ・コミックス)
(2001/12)
小手川 ゆあ

商品詳細を見る



アルカナ (file下) (ヤングジャンプ・コミックス)アルカナ (file下) (ヤングジャンプ・コミックス)
(2001/12)
小手川 ゆあ

商品詳細を見る

 | HOME | 

ブログ内検索

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

暇だった人

暇な人

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。